幸せな人生は、幸せな会社から。VESSEL

STARTED MY NEW LIFE #03

STARTED MY NEW LIFE

大海原のうえ、船は力強くぐんぐん走る。
この大きな船をひとつの会社ととらえるならば、
自分たちのやり方であたらしい仕事の地図を描く
社員もまた、
ひとつの船といえるだろう。
「ヴェゼルに出会い、人生が走り出した」。
ーそんな3人の社員の“今とこれから”を、
インタビューでお届けします。

MIHO NODA

人材事業部(オウンドメディア「さるこう、熊本」編集長)

私はYMCA学院の児童福祉教育科を卒業後、まず保育士として5年ほど働きました。それから人材派遣会社に転職し、社員として現場・営業・庶務…色んな職種を経験させてもらいました。
その会社には12年くらいお世話になってたんですが、令和になったタイミングで、キャリアにひと区切りつける意味でも転職を考えはじめて。
代表の枝元や人材事業部の浦田とは、以前仕事仲間だった縁があって、ヴェゼルワークスには2020年春から入社という形になりました。

現在は、自社オウンドメディア「さるこう、熊本」の編集長を任せてもらっています。
さるこう、熊本。略して「さるクマ」は、2017年に立ち上げた熊本のお出かけ情報サイト。県内の子育て世代向けに、“明日ちょっとおでかけしたくなる情報”をお届けするローカルメディアです。

実際のサイトを見てもらうとわかるんですが、県内のお出かけスポットやグルメ情報、イベント情報などが写真たっぷりのブログでまとめられています。もともとは代表の枝元がぼちぼち更新している、情報メインという感じのサイトだったんですが。コロナ禍で人材事業部の手が空き、私が入社したこともあって力をいれよう!となったんですね。

記事を書くのはママさん・パパさんライターの皆さん。仕事や家事・子育ての合間をぬって、お仕事としてご協力いただいてます。
更新頻度が増えるとpvもあがり始め、SNSのフォロワーさんがどんどん増え…とはいえ、記事を書いたり編集をする作業は初めてのことで。
正直めちゃめちゃ難しいんですが(笑)、私も2人の子を育てる母親でありながら、まだあたらしいことに挑戦できる環境はとても刺激的で、楽しいなと思いますね。

もっと濃く、深く
想いを共有しあえるサイトを目指して

「さるクマ」が大切にしているのは、子どもを育てる親目線。子ども用イスの有無や授乳室の写真、お店のサービスなど、知りたくてもなかなか情報に上がってこない部分をわかりやすく見せることを大事にしています。
これからライターさんも増えそうなので、記事の書き方や写真の撮り方などの研修会を行ったり、もっと一緒に想いを共有しながら、もっといいサイトを目指したい。実際に足を運んでもらうことで、自分らしくアウトプットしてもらうことを軸に楽しんでもらえたらなと。会社としても今後は“ママ派遣”に力を入れたいと考えていますので、しっかり働きたい人は、会社で運営する保育園に預けられます。
たとえば「さるクマ」の専属ライターさんには、子どもを預けている間に取材に行ってもらったり、記事を書いてもらったり…という新たな選択肢も生まれそうです。

「社会とのつながりがほしかったから長く続けたい」「子どもと一緒にいる時間を仕事にできてうれしい」と言ってくださる方も多いんです。まだ成長段階のサイトではありますが、「働くパパ・ママを応援する」というテーマを掲げるヴェゼルワークスとしても、こらからもっと一人ひとりと濃く・深く関わっていけたらと思っています。

走り出した、「僕の人生」。

「さるクマ」編集長としての仕事を任されるようになり、
ぶっちゃけ今は前職より忙しくなりました!(笑)。
家事や子育てとの両立なので、家族に支えながら…という感じですが、今は大事な時期なのでがんばり時かなと思っています。
ここでは保育士と人材派遣というこれまで積み重ねてきたキャリアがフルに活かせるので、歩んできた道とこれからを大事にしながら、仕事を通じて喜びを感じていきたいですね。

※所属や役職は、2020年11月時点のものです

CONCEPT MOVIE

PLAY